2008年09月08日

低ニッケル型二相系ステンレスの材質特許

s-5.jpg
(右:オウトクンプ社 Pekka Erkkila氏 Executive vice president)
(左:当社 船橋輝泰社長)


先日、当社はフィンランドのオウトクンプ社と低ニッケル型二相系ステンレスの材質特許に関しての
ラインセス契約を締結致しました。

ライセンス契約を結んだのは「LDX2101」の材質特許です。
こちらの鋳鋼への適用は世界初!
耐食性や機械加工性、コスト競争力に優れます。

年内には国内プラントメーカーの海水淡水化部材への実用化が実現する見通しになっています。

posted by 米子製鋼 at 09:57| Comment(0) | [お知らせ] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。